« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

いちごハウス マルチ張り

いちごハウス(とちおとめ)のマルチを張り終えました。

002

次は章姫(あきひめ)とふさの香(ふさのか)のハウスです。

|

2009年10月24日 (土)

いちご

今日からいちごの山にマルチを掛けます。

が、その前にいちごのわき芽を取ってやります。コレをやらないとわき芽に栄養を持っていかれて上手に育たないのです。

Dscf0762
下から右に出ているのがわき芽です。

Dscf0765
苗を1つ1つチェックし、わき芽を丁寧に取っていきます。

わき芽を取り終わったらマルチを掛けます。

Dscf0759
マルチを掛けた後です。

両脇に1枚づつ、真ん中に1枚。3枚を繋ぎ合わせて山にマルチを掛けます。

コレで余計な雑草も生えなくなりますね。
今月中にマルチを掛け終えて、11月始めにはもうミツバチを導入です。

Dscf0772

花が咲いてる苗が少ない中、コイツはもう実が・・・

今年は調子良い

|

ツボミ菜

ツボミ菜のその後です。

Dscf0740

定植直後は萎れていましたが、さすがに今は大丈夫です。
でも少し葉っぱが枯れている部分がありますが。

定植が遅れましたが大丈夫そうですね。

2月の収穫が楽しみです。

|

2009年10月19日 (月)

社会科見学

今日は近くの小学校の生徒さん達が社会科見学で話を聞きにきました。

Dscf0256
子ども達はみんなメモをとっています。

Dscf0276
子ども達に農業の説明をする 我らが周郷さん。

質問の時間になると子ども達は色んな質問をしてきました。
何種類の野菜を育てているのかとか? ・・・いや、全部は聞き取れなかったんです。もしかしたらこんな質問はしていないかも・・・

中でも、「なぜ農家と言うのか?」という質問には引率の先生も「こんな質問は初めてだ・・」なんて困っていました。

Dscf0296
枝豆の説明をする周郷さんです。

ここでも子ども達から「1日でどれくらい収穫するのか?」などの質問がでたりしました。
結構子ども達も興味があるのでしょうか。質問したいことは沢山あったようです。

でも中には畑にいる虫を見つけて騒いでいた子も居たりしましたけどね。
まぁ当然虫にも興味はあることでしょう。そして虫を知る事も農業では大切な事なんです。
どの虫がどの作物に害を成すか。作物を健全に、そしてなるべく農薬を使わないで育てる為にはそういった事を知っていなければなりません。

Dscf0302
最後にお別れです。

子ども達は少しでも楽しんでくれたでしょうか?

周郷農園は地域密着型ですので社会科見学などといったことも受け入れています。
そういえば少し前にも稲の花について聞きに来た子が居ましたね。
このような事をきっかけに、子ども達が自分達が普段食べている野菜がどのようにして作られているか、考えそして知ってくれたら幸いです。

|

2009年10月18日 (日)

ツボミ菜

今日はツボミ菜という野菜を定植しました。成長しすぎてちょっと遅れた定植となりました。

Dscf0245
ツボミ菜です。

Dscf0246
やっぱり定植するには育ちすぎでしょうか・・・ちゃんと育ってくれるとは思いますが。

2月ごろ収穫予定です。

|

いちご生育状況

元気に順調に育っています。

Dscf0219

葉っぱもピンッ!としていますね。

Dscf0226 
もう花が咲いているのもありました!

もう一週間もすれば一斉に花が咲き始めるかと思います。
そろそろミツバチの用意もしなくてはなりませんね。

|

いちご 作業

 

突然ですが、コレは何をする道具かわかりますか?

Dscf0183
真ん中の棒のことです。まわりは気にしないでね。

Dscf0185
先端正面から。

Dscf0186
先端裏から。

さて、答えは置いといて、今日はいちごのハウスの草取りをしました。

Dscf0188
みんなで小さい雑草も見逃さずにとっちゃいます。

Dscf0235
端っこにある草も・・・

Dscf0237
綺麗に・・・

Dscf0238
とっちゃいます。

Dscf0231
このように通路に生えてる草はどうするかと云うと、

Dscf0229
刈り取ります。

ここで最初に紹介した道具の登場です。こいつは固い土に生えた草を刈るのに使う道具なのです。もちろん鎌でも出来ますが、コレならしゃがんだりしなくて良いので楽なのですよ。扱いも非常に簡単ですしね。

やわらかい土だと草を刈れずに根っこごと引き抜いてしまう感じになってしまうので、そのような場所にはあまり使いません。しかも抜いた草の場合はほおっておくとまた根付いてしまいますので、ちゃんと集めて捨てる必要があります。

なので、いちごハウスのような固い土に生えた草なら綺麗に根っこと上の部分を切り離せるので、そのまま草を残しておいても根付かなくて処理も楽なんです。

Dscf0233
刈った後はこんな感じ。綺麗になりましたね。

ハウスを全部綺麗にしたら次はマルチを敷く作業が待っています。

いちご作りも追い込みに入ってきた感じですかね。
順調に行けば12月の最初の方にはもう真っ赤な実が出来ますよ。

お楽しみに。

|

2009年10月17日 (土)

直売所

少し前にのぼりを立てるための作業をしましたので、

その成果をば。一部ですが。

Dscf0172

と、こんな感じです。

のぼり以外にも、

Dscf0166

こんな看板もありますので目印にしてください。

さて、前回の更新分はテストでしたので削除です。
気にしないでね

|

2009年10月11日 (日)

キャベツ&落花生


1週間ぶりの更新です。

台風の被害は思ったほどでなく良かった良かった

9月29日に定植したキャベツ、少し大きくなっていました。

Dscf0116

夕方に写真を撮ったので色が・・・

そしてすっかり忘れてた落花生。

Dscf0103

すでに販売しています。と言いますか、正確には本日より販売です。
コレはジャンボ落花生といって普通のよりも大きいんですよ。普通の落下生も直に出ます。

ちなみに、販売中の落花生は生落花生です。生で味わえるのは今だけですので欲しい方は是非お早めに!! 

あ、そう言えばサトイモも販売中ですよ。

Dscf0106

Dscf0122

掘った後の畑です。掘った後といっても一部だけですが・・・

とまぁ、こんな感じでございます。

|

2009年10月 4日 (日)

稲の花について

突然ですが、今日は稲の花について少しお話をば。

稲の花は一般的には風媒花(ふうばいか)という花になります。風媒花というのは、花粉を雄しべから雌しべに運ぶのに風を利用する花のことです。

周郷農園でも育てている”いちご”。いちご狩りの時にはハウスの中にミツバチが居るのに気づいている方も少なくないと思います。ミツバチ達は花の蜜を集める際に花粉を雄しべから雌しべへと運んでくれる大事な役割があるのです。
ミツバチ達のおかげで美味しいいちごが食べられると言っても過言ではなぁい!

とちょっと話がそれましたがι(´Д`υ)アセアセ
ミツバチなど虫によって受粉する花のことは虫媒花(ちゅうばいか)と言います。

この他には鳥媒花(ちょうばいか)、水媒花(すいばいか)といったものがあります。

虫媒花や鳥媒花は虫や鳥に気づいてもらうために色鮮やかな花を咲かせますが、風媒花である稲は白くてとっても小さな花を咲かせます。

風媒花である稲は色鮮やかである必要も無く、大きく目立つ必要もないのですね。そして花粉が飛びやすいように、飛んでくる花粉を受け取りやすいように先っちょの方、稲で言うとまさに穂の部分に花が咲くわけです。しかも先っちょは先っちょでも雄しべはピョン!と先へ飛び出し、雌しべは少し後ろで待ち構えているんです。ほら、花の形って器みたいじゃありません? 風で運ばれてきた花粉は器の中に確保されてしまうのですよ。きっと。

虫や鳥に花粉を運んで貰わない風まかせの風媒花。花粉を受け取りやすいように出来てるとはいえ、受粉しずらいと思いません? ノープロブレム!! 風媒花は花粉の量が多いです。そして風で飛びやすい。まぁ当たり前といえば当たり前なのですが、数打ちゃ当たる!って感じでしょうか。そしてちょっと風が吹けば、・・・花粉症。
考えてみたらスギなんてモロに風媒花だよね そしてやっぱり稲アレルギーなんてものもあるそうで・・・(≧д≦)

とまぁこんな感じの稲ですが、日本人はやっぱりお米ですよね
周郷農園の美味しいお米(新米)販売中です

ってコレを言いたかった為に風媒花の説明をしたわけではありませんよ( ̄◆ ̄;)
今日直売所の方に可愛いお客さんが来て、学校の授業の関係で稲の花について教えて欲しいと頼まれたのです。 
もちろんその可愛いお客さんには園主である周郷さんがきちんと対応していましたが、たまたま隣に居た私も始めて聞く話だったので、忘れないようにとメモ代わりに・・・

ちゃんちゃん

|

2009年10月 3日 (土)

だいこん

直売所の向かいにある畑で大根を発見しました!

Dscf1296
気づかなかったです・・・いつもトウガラシばかり収穫してたから・・・

Dscf1297
太さもこんな感じ。まだ細いですね。

おろぬきじゃない大きい大根ももう少ししたら収穫かな?

寒くなってきたらおでんとか味噌ダレで食べてたいですね

|

乾燥とうがらし

前から何度にもわたり収穫してるとうがらしですが、収穫後の経過をば伝えておきます。

Dscf1291
9割方乾燥したかな?

順調に乾燥していますよ。乾燥し終えたものは・・・

Dscf1292
こんなに!!

どのくらいか判り安くすると・・・

Dscf1295
はい。こんな感じ。

紙コップは、ひぃ ふぅ みぃ・・30個入り?
どのくらいの乾燥したとうがらしがあるかわかりますよね? ね?

欲しい方は直売所の「食の広場ピアッツァ」まで。

もちろん有料ですよ

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »