« だいこん | トップページ | キャベツ&落花生 »

2009年10月 4日 (日)

稲の花について

突然ですが、今日は稲の花について少しお話をば。

稲の花は一般的には風媒花(ふうばいか)という花になります。風媒花というのは、花粉を雄しべから雌しべに運ぶのに風を利用する花のことです。

周郷農園でも育てている”いちご”。いちご狩りの時にはハウスの中にミツバチが居るのに気づいている方も少なくないと思います。ミツバチ達は花の蜜を集める際に花粉を雄しべから雌しべへと運んでくれる大事な役割があるのです。
ミツバチ達のおかげで美味しいいちごが食べられると言っても過言ではなぁい!

とちょっと話がそれましたがι(´Д`υ)アセアセ
ミツバチなど虫によって受粉する花のことは虫媒花(ちゅうばいか)と言います。

この他には鳥媒花(ちょうばいか)、水媒花(すいばいか)といったものがあります。

虫媒花や鳥媒花は虫や鳥に気づいてもらうために色鮮やかな花を咲かせますが、風媒花である稲は白くてとっても小さな花を咲かせます。

風媒花である稲は色鮮やかである必要も無く、大きく目立つ必要もないのですね。そして花粉が飛びやすいように、飛んでくる花粉を受け取りやすいように先っちょの方、稲で言うとまさに穂の部分に花が咲くわけです。しかも先っちょは先っちょでも雄しべはピョン!と先へ飛び出し、雌しべは少し後ろで待ち構えているんです。ほら、花の形って器みたいじゃありません? 風で運ばれてきた花粉は器の中に確保されてしまうのですよ。きっと。

虫や鳥に花粉を運んで貰わない風まかせの風媒花。花粉を受け取りやすいように出来てるとはいえ、受粉しずらいと思いません? ノープロブレム!! 風媒花は花粉の量が多いです。そして風で飛びやすい。まぁ当たり前といえば当たり前なのですが、数打ちゃ当たる!って感じでしょうか。そしてちょっと風が吹けば、・・・花粉症。
考えてみたらスギなんてモロに風媒花だよね そしてやっぱり稲アレルギーなんてものもあるそうで・・・(≧д≦)

とまぁこんな感じの稲ですが、日本人はやっぱりお米ですよね
周郷農園の美味しいお米(新米)販売中です

ってコレを言いたかった為に風媒花の説明をしたわけではありませんよ( ̄◆ ̄;)
今日直売所の方に可愛いお客さんが来て、学校の授業の関係で稲の花について教えて欲しいと頼まれたのです。 
もちろんその可愛いお客さんには園主である周郷さんがきちんと対応していましたが、たまたま隣に居た私も始めて聞く話だったので、忘れないようにとメモ代わりに・・・

ちゃんちゃん

|

« だいこん | トップページ | キャベツ&落花生 »

その他」カテゴリの記事