« ぶどう:涼玉 販売開始 | トップページ | キアゲハの幼虫 »

2011年8月16日 (火)

なた豆 花

ボランティアさんに貰った「なた豆」から種を取り出して撒いてみたのが・・・いつだったか。

Dscf6935

Dscf6936

花が咲き始めていました。「なた豆」の花は集合して咲くのですね。

Dscf6938

豆類はやっぱり似たような花を咲かせます。とは言え、「なた豆」の花は下に垂れて咲いていますので他の豆類の花とは上下サカサマかな??

この「なた豆」は白色ですが、他の色のものもあります。主に紅白と淡い紫の3色です。赤い花からは赤い豆。白い花からは白い豆です。淡い紫のものは白い豆です。色によって種類が違います。

   白い花:白ナタマメ   毒性なし   食用
   赤い花:赤ナタマメ   弱毒性あり 薬などに使用
   淡い紫:タチナタマメ  強毒性あり 薬などに使用

上記毒性は完熟豆の時のもので、若いサヤ(福神漬けなどに使用)の時は赤・紫とも弱毒性で、白は毒性なしです。

通常「なた豆」と言うと、赤ナタマメの事を言うとか。

なた豆の毒性は、主に胃腸に影響を与えるもので、コンカナバリンA、サポニン、青酸配糖体、カナバリンなど数種の有毒成分が嘔吐、腹痛、下痢、めまいなどの症状をおこすとか。

周郷農園に植えたものは白い豆で白い花を咲かせたので、毒性のない「白ナタマメ」と云うことになります。
安心安心。。

ちなみに花言葉は「忍ぶ楽しみ」です。

福神漬けでも作ってみますか。。

|

« ぶどう:涼玉 販売開始 | トップページ | キアゲハの幼虫 »

畑の様子」カテゴリの記事