« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

2012冬季限定 フェアトレードチョコレート入荷

冬季限定のフェアトレードチョコレート。
入荷できる季節になりました。

Dscf8473

「フェアトレード」とは、世界の南北間にある経済格差の問題解決を目指す貿易活動のことです。
このチョコレートを買う事によって、発展途上国の小規模農家を応援することができるんです。

でも、このチョコレート、ただのチョコレートではないんです!
乳化剤や他の植物油脂を使わずにココアバターだけを使用。72時間かけて原料を練り合わせることで、なめらかで口どけの良いチョコレートに仕上がっています。

原料はすべて有機認証(海外)を受けており、パッケージの紙も、FSC(森林管理協議会)から森林が持続可能な方法で管理されている事を示す森林認証を受けた森林の木材から作られた紙を使用しているんです。

地球に、世界にやさしく、そして美味しいチョコレートです。

|

2012年11月12日 (月)

いちご生育状況 2012.11

いちごの生育状況です。

Dscf8426

9月の終わりに定植しましたので、だいたい40日が経ちました。
しっかりした良い苗に育っています。

Dscf8429

花も咲いていますが、まだほんの一部です。
これからどんどん花が咲いてきて、12月の中旬ごろには
店頭にも真っ赤ないちごを並べることが出来るかと思います。

|

2012年11月 5日 (月)

ショウガ冬越し

ショウガの冬越しに挑戦します。

Dscf8410_2
まずはショウガを全部掘ります。

Dscf8412
掘ったら葉の部分を切り落とします。

Dscf8414
ショウガを冬越しさせるための穴を掘ります。

Dscf8416
1メートルくらい?掘ったら、下にスクモ(もみ殻)を敷きます。

Dscf8417
ショウガを網の袋に入れます。

ビニール袋など、密封してしまうとダメです。
通気性は確保します。密封してしまうと、ショウガから出た水分が水滴になり、その水滴でショウガが傷んでしまいます。

ショウガを入れた網袋を穴の中に入れ、網袋の上にスクモ(もみ殻)を被せてからその上に土を盛ります。
スクモ(もみ殻)は言うなればダウン(羽毛)みたいなものです。空気を含む事によって暖かいのが続きます。濡れちゃうとダメですけど。

土を盛ったら雨が当たらないようにビニールを被せます。

Dscf8418

ビニールは少し長めに被せます。

Dscf8421_2

通気性を確保するために、両端は開けたままにします。

これで冬越しの準備が完成。
来年の時期になるまでこのまま埋めておきます。

濡れず冷えすぎず、一定の温度で保存出来れば大丈夫なはず。

一般家庭で冬越しさせるには、穴を掘ってなんて無理でしょうから、家の中で保存するしかありませんよね。その場合はとにかく冷やさない事ですね。
発砲スチロールにスクモ(もみ殻)を入れ、その中で保存しておくのが一般的でしょうか。

何にしても一般家庭では難しいかと思います。

今回畑に埋めたショウガも上手く行くかどうか・・・
来年までのお楽しみですね。

冬越しに成功して来年に種として使えたら良いな。。。



|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »